電話相談は

ニュース

確定申告・還付申告 税金学習会

確定申告・還付申告 税金学習会
2月7日(金)午後7時より ユニオン運動センター会議室

派遣労働者の多くは、通勤交通費が支給されていません。しかし、通勤するための交通費は、毎月の賃金の中から実際に支払っています。
通勤交通費は、賃金の中に“手当”などとして区分されていると非課税なのですが、派遣労働者の場合、この区分がなされていないという理由だけで、通勤交通費部分に対しても所得税・住民税の税金が課税されています。
派遣労働ネットワーク、東京ユニオンでは、この不公平な課税を改善するため、税務署に税金の還付を求める運動に取り組んでいます。

ちらし(20140207.pdf)


12月8日「労働契約ホットライン」(全国ユニオン主催)

契約書に「5年上限」が入っていませんか?
労働契約ホットライン

労働契約法が改正され、契約社員やパートなど正社員以外で期間の定めのある働き方をしている人が5年を超えた場合に期間の定めのない無期契約に転換できることになりました。
働く人にとっては契約更新が近づくたびに「次の契約は更新されるかな?」と不安にかられることがなくなるので一安心…のはずなのですが、一部の企業などでは無期契約にすることを嫌って、契約書に「契約は5年を上限とする」などを盛り込むケースが増えています。
このままでは、5年後あるいはその前に契約が更新されずに、事実上の解雇になる人たちが多く発生することが心配されます。
全国ユニオンでは以下の内容で「労働契約ホットライン」を開設し、非正社員にとどまらず、正社員の方からの相談も受け付けます。

日時 12月8日(日)10:00~20:00
全国各地の相談ダイヤル 首都圏 050‐5808‐9835 他
主催 全国ユニオン

ちらし(20131208.pdf)


社会的労働運動研究会開催のお知らせ

●社会的労働運動研究会とは(呼びかけ人:設楽清嗣、高井晃、鴨桃代)
戦後労働運動、社会運動の到達点を整理しつつ、今後の社会的労働運動に資することを目的に2008年5月に「社会的労働運動研究会」を設立しました。
同研究会では、これまで有識者や活動家を講師に招いて勉強会を開催しています。
今回は海外の労働運動、社会運動をテーマに有識者を招いて3回にわたって勉強会を開催します。詳細はこちらを(20131123.pdf)ご覧ください。
どなたでも参加いただけます。ぜひ、ご参加ください。


10.4派遣シンポジウム

派遣法改正とディーセントワーク
またまた変えられようとしている派遣法、労働者はどうなる?

規制改革会議の答申に続き厚労省の研究会報告が出され、「派遣」は再び「使い放題」の規制緩和に舵を切られようとしています。
私たち派遣ネットは、2月から7回の研究会を開催し、労働者派遣システムをどう変えていくべきかの議論を積み重ね、「労働者派遣制度の見直しに関する意見」(素案)をまとめました。
10.4のシンポジウムでは、名古屋大学の和田肇先生による労働法上の検討に現場からの報告を加え、議論をより深めたいと考えています。ぜひ皆さんご参加ください。

【内容】
特別報告 厚労省研究会報告の労働法学上の問題点と課題
和田肇名古屋大学教授
現場報告 スタッフアンケート・ユニオン労働相談・行政指導等
提言  確立しなければならない権利の課題は?

○日時 10月4日(金)午後7時~9時
○場所 ユニオン運動センター・会議室
都営地下鉄・京王新線 初台駅下車徒歩5分
案内図→ http://t-union.or.jp/modules/pico/index.php?content_id=9
○資料代 1000円

ちらし(20131004.pdf)


第26回 派遣トラブルホットライン

東京ユニオンからも理事を出しているNPO法人派遣労働ネットワーク(代表:中野麻美弁護士)は、以下の日程と電話番号で毎年恒例の「派遣トラブルホットライン」を開催します。
派遣トラブルホットラインは今年で第26回目。昨年10月の改正労働者派遣法施行後、初めてのホットラインです。どのような相談が寄せられるか、注目しています。
当日は、全国ユニオンのスタッフなどが相談に対応します。
困っていることがあったら、ひとりで悩まずに是非この機会にお電話をください!

第26回 派遣トラブルホットライン日程など
実施期間:6月8日(土)~9日(日)
受付時間:10~20時
電話番号:050-5808-9835

ちらし(20130608.pdf)


「ダイニングバー フォーエバー707」からのお知らせ

【お知らせ】
京品ホテルの職場再建闘争として取り組んでまいりましたdiningbar FOREVER707は、4月30日をもって一般営業を終了させていただきます。
1年6ヶ月という短い期間ではありましたが、暖かいご支援ありがとうございました。
5月1日以降は不定期営業とし、予約のバーディー、ケイタリングを引き続き承ります。
ご連絡、ご予約は東京ユニオン島崎(090-1254-3344)までお願いします。


3月2日(土)~3日(日)に「雇止めホットライン」を開催!

正社員の雇用が脅かされる中、有期労働契約である派遣スタッフや契約社員などの直接雇用の非正社員も、この年度末に大量の雇止めされることが予想されています。
4月1日には、有期労働契約の規制が盛り込まれた、改正労働契約法の施行が予定されています。 改正法の趣旨を踏まえ、3月末派遣切り・雇い止めに備えるため、全国ユニオンでは以下の日程で「雇い止めホットライン」を開設し、有期契約の非正社員にとどまらず、正社員の方からの相談も受け付けます。

日時 3月2日(土)~3日(日)10:00~20:00
全国各地の相談ダイヤル 首都圏 050-5808-9835 他
主催 全国ユニオン

ちらし(20130302.pdf)


確定申告・還付申告 税金学習会

確定申告・還付申告 税金学習会
2月1日(金)午後7時より ユニオン運動センター会議室

派遣労働者の多くは、通勤交通費が支給されていません。しかし、通勤するための交通費は、毎月の賃金の中から実際に支払っています。
通勤交通費は、賃金の中に“手当”などとして区分されていると非課税なのですが、派遣労働者の場合、この区分がなされていないという理由だけで、通勤交通費部分に対しても所得税・住民税の税金が課税されています。
派遣労働ネットワーク、東京ユニオンでは、この不公平な課税を改善するため、税務署に税金の還付を求める運動に取り組んでいます。

ちらし(20130201.pdf)


倒産・リストラホットラインを開設します!

製造業を中心に大規模なリストラが進行し、年末に向けてさらに深刻化することが懸念されています。全国ユニオンに加盟する各ユニオンにも一度に複数名の解雇を行われているとの相談が寄せられるようになっています。
こうした状況に対して、安易な解雇を許さず、生活を守るための闘いを展開していくため、全国ユニオンでは、この度、下記の日程で「倒産・リストラホットライン」を開催することに致しました。
解雇・リストラに備えるためにも、ぜひ、ご連絡下さい!

日時:12月22日(土)~23日(日)10:00~20:00
全国各地の相談ダイヤル:首都圏 050‐5808‐9835 他
主催:全国ユニオン

倒産・リストラホットラインのチラシ(PDF)(20121222.pdf)


シンポジウム「派遣労働者の待遇改善をめざして」の報告

改正労働者派遣法の施行日である10月1日、NPO派遣労働ネットワークが主催した「派遣シンポジウム 派遣労働者の待遇改善をめざして」が東京・千代田区の連合会館で開かれた。パネリストは中央大学法学部教授の毛塚勝利さん、前ILO理事の中嶋滋さん、派遣ユニオン書記長の関根秀一郎さん、コーディネータは弁護士で派遣ネット理事長の中野麻美さんがつとめた。
国会提出から3年がかりで実現した労働者派遣法の改正。しかし、国会での審議で大幅な修正が行われた。改正法の施行によって派遣労働はどのように変わるのか、また今後の課題について、シンポジウムを行った。
冒頭では、社会民主党の福島みずほ党首があいさつ。日雇い派遣禁止を直接雇用に誘導するよう厚生労働省に働きかけていくことなどを表明した。
シンポジウムでは、初めにコーディネータの中野さんが、労働者派遣法の改正点について解説。あらためて、改正のポイントを整理した。その後は、まず関根さんが日雇い派遣禁止について、従来通りと答える派遣会社もあるが、「日々紹介」(毎日、有料職業紹介を行うとする取扱い)に移行するなどの問題点があると指摘した。
中嶋さんは、いよぎんスタッフ事件に際して全国ユニオンが行ったILOに対する申し立てについて、日本政府に対して本年中の報告の提出を求めたこと、勧告事項について条約勧告適用専門委員会にフォローアップを委任したこと、は大変意義が大きいと説明した。
毛塚さんは、世界最大の金属産別の労働組合であるドイツのGIメタルが今年5月に派遣労働者の受け入れと、賃金について業界団体と労働協約を結んだことを報告。有期労働者や派遣労働者の問題に対して、企業内の正規労働者がどう取り組んでいくかが重要と指摘。ドイツの事例は日本でも派遣先の企業内組合が派遣労働者の投入や労働条件の確保に関わる必要性を示している、などと語った。
会場発言では、東京ユニオンで派遣先への直接雇用を求める闘いを開始した仲間も現状を報告。「骨抜き」などといわれる労働者派遣法だが、その実効性を確保し、次のステップである登録型派遣の禁止につなげていくことの必要性をあらためて感じたシンポジウムとなった。 (関口)